ここまでいくつか古着屋さんなどの経営を行うために、知っておきたい言葉をお伝えしてきましたが、今度は仕入れに関する情報もいくつかお伝えしたいと思います。

というのも、古着屋さんでのメインとなる仕入れはお客様からの買い取りとなりますし、場合によっては新品商品を問屋に直接交渉することもお勧めしてきました。

実はそれ以外にも仕入れる方法はあります。

以前は古着の買い付けにアメリカやヨーロッパなどに直接行く事で、安く仕入れそれを売るという方法を使っていましたが、現在では日本人バイヤー、つまりお店の仕入れ責任者が多いため、良いものを安く仕入れる事も難しくなっています。

良いものを安く仕入れるためには、他の日本人バイヤーが行かないような所で仕入れるのが成功するポイントですが、そのような場所は危険であったり、発見が困難であったりするため、なかなか難しいのが実状です。

また、実際に現地に買い付けに行く場合には、航空券やホテル代など、旅費も高くなってしまいます。

海外の古着の買い付けで成功するためには、他の人が注目しない場所や、目をつけないような所、つまり他の人とは違う事をしなければ、現在ではなかなかチャンスはつかめないものです。

そんな中、大手の古着屋さんは大きな単位で買い付けを行って、その中から良いものを選んでいるのですが、個人で行うのは非常に難しいものです。

確かに海外の古着を自分が直接仕入れる事は難しのですが、方法がありますので、次でお伝えしたいと思います。

Written by 古着卸.net