古着屋さんを始めようとして、実店舗を持とうとした場合には、商品の置く量と仕入れ先も気になると思います。

しかし、まずはどのくらいの広さの物件を探してみると良いのかを考えなくてはいけません。

出来るだけ広い道沿いや、街の中心部などの場合、テナント家賃は高くなると思います。

しかし、その中で家賃を安くしようとして、小さすぎるテナント物件を探そうとしてしまっていないでしょうか。

あくまでも一例ですが、仮に1坪が1万円の物件だとすると、15坪の物件を借りる場合には、毎月のテナント家賃は15万円必要になります。

また、賃借する際には、物件のオーナーさんへ敷金を預かり金を支払う必要があります。

多くの場合ではテナントの敷金は家賃6ヶ月分となっています。

また、場所にも寄りますが、不動産屋さんに紹介していただいた場合には、仲介手数料などを支払う必要があります。

この時点で、テナント用の物件を借りるだけで105万円かかることになります。

もちろん一例ですのでこれが全てではありませんし、交渉しだいではもっと費用を抑えることも可能だと思います。

しかし、不動産屋さんやオーナーにも迷惑をかけてしまうため、自分勝手で強引な交渉はしないようにしましょう。

お店が決まりましたら、次は備品などを準備する必要があります。

どのようなものが必要になるのか、またそれにかかる金額がいくらくらいになるのか、という事を、次の項目にてご案内したいと思います。

Written by 古着卸.net