古着屋さんにおいて、お客様からの買い取りは仕入れの基本ともいえますが、お客様自身が偽物と知らずに売りに来られる事もあるため、しっかりと本物かどうかのチェックをするようにしましょう。

シャネルの商品には必ず付いているロゴやCCマークでのチェックポイントがいくつかあります。

第1ポイントはすでにお伝えしましたが、続いて第2のポイントは、「CANEL」のブランドのロゴにある「A」の形です。

「A」の形の頂点が尖っている場合がありますが、これは偽物の可能性が高くなります。

第3のポイントは「CANEL」のNの字があまりにも綺麗な刻印のものは、偽物が多いので注意しましょう。

続いてのポイントは「CANEL」のブランド名のロゴにある「E」の形に注目します。

この「E」の形の横の3つの線が同じ長さのものは、偽物の可能性があります。

また「E」の真ん中の線が他よりも長いもののコピー品が確認されていますので、必ずチェックしましょう。

対して本物の場合には、真ん中の横線1本のみ1mm程、短くなっているのがポイントです。

次に注目するのはシャネルのCCマークです。

ロゴのRが付いていない場合に付いているCCマークですが、その配置されている箇所によって、本物か偽物かの見分けが付く場合があります。

「CANEL」という文字の中央の真下に配置されている場合には、偽物の可能性が高くなります。

対して本物は、中央真下というよりは、Aの文字よりの下に配置されているため、ここも重要なチェックポイントになります。

Written by 古着卸.net