古着屋さんにとって、お客様からの買い取りが仕入れのメインとなりますが、ブランド品を扱う事もあると思いますので、それが本物かどうかの見極めをする必要があります。

シャネルの商品のファスナートップでも確認できる事があります。

ファスナートップにYKKと書かれているものはYKKファスナーと呼ばれるもので、偽物の可能性が高いです。

これは、昔のオールドグッチでよく使われているものですが、その当時高級だった日本のYKKファスナーが良く使われていたものです。

しかし、最近ではこのYKKファスナーはポピュラーな価格になったため、偽物に使われる事が多くなりました。

本物のファスナートップは読み取りが困難な場合が多いのですが、「OPTI DMC」という刻印がされている場合があります。

しかし、中にはファスナートップに何もかかれていない場合もよくあります。

したがって全てのシャネル商品でファスナートップが同じではなく、ファスナーだけでの見分けは付かないため、難しいポイントでもあります。

その他のポイントは、チェーンです。

本物と偽物では、チェーンの太さや重さ、形状が異なります。

本物のチェーンはまったく同じなので、本物のシャネルを持っている方には非常に分かりやすいポイントともいえます。

偽物は、とある量販店で売られているチェーンを使っている事があります。

古着屋さんを始める方は鑑定力を養うために、より多くの本物に触れ、本物を沢山見ることが大切です。

Written by 古着卸.net