古着屋さんでの仕入れの基本は、お客様からの買い取りになりますが、ブランド品を取り扱う場合は、特に偽物を買い取ってしまわないように注意が必要です。

いくつかチェックポイントがありましたが、続いてはバッグに良く使用されている金属部分のメッキについてです。

チャックの部分や持ち手の部分によく使用されている金具部分のメッキがはがれている場合には、偽物の可能性が高くなります。

本物のシャネル商品でしたら、剥がれてしまうという事はめったにない為、よく見る事が大切です。

ただし、本物のシャネル商品であっても、実は汚れが付着していただけであるのに、まるでメッキが剥がれているように見えてしまうこともありますので、偽物と判断する事が出来ない場合も有ります。

シャネル商品の本物は、沢山触れる事でその重みが違うのですが、最近のシャネルではつくりがやや安っぽいものがあるため、皮の方が見極めやすいようです。

ただし、ニュートラベルラインやスポーツライン系の素材などは、偽物の方が本物っぽかったりするものも有るようですので注意しましょう。

その他には、本物であればあるほど、特に内装に傷みが発生しているようです。

また、その他のチェックポイントとして、ファスナーがあります。

ファスナーだけで見分けが必ず付くというわけではありませんが、ファスナートップに注目してみます。

このファスナートップ見ることで分かる事もありますので、次でご紹介してみたいと思います。

Written by 古着卸.net