古着屋さんなどで、お客様から直接仕入れるのがメインの場合、中にはブランド品を取り扱う場合もあると思います。

けれど、すでにお伝えしたように、自分が保有しているものや、古着屋さんなどではその商品が本物の正規品であるのかどうかと言うのは分かりません。

では、そのブランドが本物かどうか分かる方法はないのでしょうか。

実は分かる方法があります。

その方法と言うのは、修理などに出す場合、ブランド直営店に見積もりを依頼するという方法です。

すでにお伝えしたように、そのブランド品が本物かコピー品か分かるのは、そのブランドの会社だけですので、もしもコピー品であった場合には、ブランド側が修理を受け付けてくれません。

反対に見積書を出していただいた場合には、本物の正規品であると言う事の証明になります。

したがってこの見積書は大切に保管して置くようにしましょう。

もしも自分がリサイクルショップなどに転売しようとした場合、査定側の強力な安心感になります。

また、その見積書があれば、買い取るお店も査定金額の算出に専念できるため、高い買い取り金額を提示してもらえる可能性も高くなります。

ただし、特に修理などをする必要もないのに、その商品が本物かどうかの真贋判定をしたいためだけに見積もりを依頼するといった事は、ブランド側へ迷惑をかけてしまいますので、やめましょう。

あくまでも修理依頼をしたいと思ったときに、ブランドの直営店に依頼をする、という形で利用するようにしましょう。

Written by 古着卸.net