古着屋さんなどではお客様から買い取りをする事が、仕入れのメインとなりますが、中古品を取り扱うリユース業界では、どのようなブランドが多く取り扱われているのでしょうか。

取り扱いのメインとなっているブランドは、シャネル、ルイヴィトン、エルメスと高級ブランドが上位を占めているようです。

この中でも、シャネルやエルメスは総合的にさまざまな商品で強く、ルイヴィトンはバッグや小物が強いようです。

また、時計のジャンルにおいては、予想通りと思う方も多いと思いますが、ロレックスが1位で、続いてカルティエ、オメガと高級ブランドがやはり強いようです。

国産ですと、セイコーに続いてジーショックとなっているようです。

近くに高級ブランド店や、ブランド商品を取り扱っている百貨店などを優先に考えると良いとすでにお伝えしましたが、宅配買い取りなどを考えている方で、どのような品物を取り扱おうか悩んでいる方にとって、検討の参考になればと思います。

では実際に、これらのブランド品を取り扱う場合には、その商品が本物かどうかを見分けていかなくてはいけないわけです。

そのブランドを取り扱っていくためには、商品が本物かどうかの、お店で買い取りをする場合の見分けるための基準が必要になるという事になります。

それは、それぞれのブランドによってポイントが変わってきますので、次からはどのような点を注意してみると良いのかをブランドごとにお伝えして行きたいと思います。

Written by 古着卸.net