古着屋さんを小規模ながら始めるとしても、構想段階から事業計画書を書き始めるまでも、始めは難しいことだと思います。

どんな商品を仕入れようか、どんなお店にしたいかということも重要ですが、事業計画書を書く時には、まず自由に書いてみましょう。

そうして書き出した上で、身近な人や専門家に見てもらうことで、客観的な疑問を聞いてみるようにしましょう。

そうすることで、何度も何度も事業計画書を修正しながら、プランそのものを、軌道修正していくようにしましょう。

事業計画書の記載項目の中で最も重要なのは、なぜ売れるのかという理由と、その客観的な裏づけなのです。

その為、そこに重点を置き、構想し事業計画書としてまとめていくことで、実際に起業したあとのビジネスそのものの成功確率が大きく上昇するのです。

公庫などで創業するための融資を借りる場合にも、この事業計画書を元に、融資担当者の方と1対1の面談があります。

その為、事業計画書のデータを効率的に使って説得力のある説明が出来なければ、融資審査を突破するのは難しくなってしまいます。

中には専門家が事業計画書の作成サービスを行っている所もありますが、商売を始めたいと願う自分自身で考え抜いた事業計画を、自分自身の言葉で表現することで、説得力のある表現が可能になるともいえますので、大変であっても事業計画書をぜひ自分で書いてみましょう。

事業計画書に関して、商工会議所というところで相談する方法があります。

自分で書いてみて、融資などの事で解らない事があっても、いろいろと相談に乗っていただく事も可能ですし、借り入れに必要な書類を事前に教えてもらったり、公庫の融資の担当者を紹介してもらえる場合もあります。

地域によって異なりますので、確認してから利用してみるのも一つの方法です。

Written by 古着卸.net