古着などの仕入れた商品をお店で売るためには、古物商許可を申請する必要があります。

申請をするのは管轄の警察署に向かう事になりますが、営業を行う住所を管轄している警察署に向かいましょう。

個人で申請する場合に必要な書類は、住民票・身分証明書(市役所でとる物)・登記されていない事の証明書・お店の賃貸借契約書のコピー・インターネットショップなどを行う場合には、そのURLやプロバイダ等の資料のコピーが必要になります。

このほかの必要書類で警察署でもらう事ができる物は、誓約書や略歴書、古物商許可申請書などがあります。

また、法人で申請する場合には、法人の登記事項証明書や定款なども必要になります。

管轄の警察署により、追加でその他の書類が要請される事もありますので、個人か法人かを必ず伝えたうえで、前もって警察署内の古物担当者の方に聞く事をお勧めします。

直接行って書類を貰ったり説明を聞く場合には、複雑な内容と思われるかもしれませんので、必要書類の不足などを防ぐためにも、メモを取ることをお勧めします。

また、申請にいく場合や、前もって確認をしにいく場合には、常に身分証明書と印鑑を持っているようにしましょう。

特に、申請の印鑑に関しては、訂正印にも使用できるため、必ず持って行くようにしましょう。

また、出来るだけ一人の人に担当をしてもらった方が良いので、担当の方の名前を聞いて対応をしていただける様にしましょう。

書類の中には全て記載後コピーが必要な場合もあります(2枚ずつの場合も有ります)ので、複写が必要かを確認するようにしましょう。

また、地域によって異なる場合がありますが、押印箇所は必ず確認するようにしましょう。

書類を取りに行く時間がない場合は、インターネットからダウンロードをする事も可能です。

Written by 古着卸.net