古着屋さんをやってみたいと思い、その為の仕入れはどのように行えば良いのかと思う方もいらっしゃると思います。

一つ目の方法はすでにお伝えしましたが、仕入れる方法は他にもあります。

海外に行って仕入れをするのではなく、国内で一般のお客様より古着を買い取るという仕入れ方法もあります。

良く耳にするリサイクル形式のショップです。

このような形式の場合、毎日お客様が古着を持ち込んでくれるため、自ら仕入れに行かなくて良いという利点がありますし、毎日違う商品が入ってくるため、売り場が常に新鮮な状態になるというメリットもあります。反対に、欲しい商品の仕入れが困難になってしまうというデメリットもあります。

人気商品ですと、お客様自身がなかなか手放そうとしないため、買い取りでもそのような良い品物が集まりにくい場合があるのも事実です。

長年培ってきた買い取りシステムを活かし、ファッション誌などで人気のブランドを主とした古着を効果的に集めたり、新品の商品を新たに投入することによって、売り場の鮮度を保つための工夫をした、大手リサイクルショップが、古着や服飾雑貨などに力を入れてきています。

このような店舗は非常に大きな規模で展開しているため、個人で始めようとしている方にとっては真似することはほぼ不可能といって良いと思います。

資金力も蓄積された経験も情報量もとてもかないません。

しかし、個人で古着屋をやるのが不可能なわけではなく、経営の基本をしっかりしていれば、大手リサイクルショップとさほど利益率に変わりはないのです。

Written by 古着卸.net