古着屋さんでは、お店の大きさと、商品の陳列量も大切ですが、その商品の仕入れ先もポイントの一つになります。

古着屋は、他の業種に比べると、比較的少ない資金での開業が可能です。

それは小規模の店舗から始められるため、リスクが極めて低く、個人で開業する方にとって、古着業界への参入がしやすいためです。

なかでも、リサイクル形式の古着屋は主な仕入れ先が国内での買い取りとなる為、交通費などの無駄な費用がかかることもないためです。

基本的には一般のお客さんが直接お店まで持ってきてくれますので、こちらから費用を使って出向く必要はありません。

古着屋さんの中には、出張買い取りや送料無料の宅配買い取りなどを行っているお店もありますが、どの買い取り方法でも、お客さんから直接仕入れるということになるため、中間の問屋を通す必要がない分、余分に仕入れ値が上がるということがない事がリサイクル形式の古着屋さんのメリットといえます。

逆に、業者を通して仕入れようとすると、どうしても掛け率が高くなり、結果的に売上原価も高めになってしまうため、仕入れに関しても、買い取りをする方が費用が抑えることが可能になります。

ただし、お客様からお持ちいただいた大切な品物を、買い叩くという意味ではなく、あくまでも余計な業者を挟まなくて済むということです。

そして、リピートのある商材であるため、単価が低くても、リピート客になってもらえる可能性のある商材であるとも言えます。

店の規模が決まりましたら、間取りによって変わりますが、どのくらいの量の商品を陳列できるかを考え、初期の在庫をどのくらい持っておくかを決めていきましょう。

それによって仕入れ商品代金の目安が分かります。

Written by 古着卸.net