古着屋さんで、お客様から商品を買い取るのが、メインの仕入れになりますが、ブランド品で最も注意したいものが、コピー品や贋作(がんさく)です。

お客様のほとんどが、偽物だと知らずに持ち込む方が多いと言うのが事実です。

しかし、古着屋さんなど中古品を扱うお店にとって、ブランド品が本物か偽物かを見分けるのは非常に難しいものです。

特に高級ブランドである、エルメスやルイ・ヴィトン、シャネルといったものは、非常に多くのコピー品が出回ってしまっています。

したがって、これらのブランド品を買い取る場合には、お店で決めている買い取り基準に基づいて、買うか買わないかを決定していく事になります。

実際に、古着屋さんやリサイクルショップなどでは、その商品が本物(真正品)か、コピー品かは分からないのです。

その為、店頭買い取りなどに商品を持ち込んだ場合、「こちらの商品は、社内基準に合致しない為、お買い取り出来ません」と言われた場合でも、「これは偽物だったのか」と聞いても、お店側には分からないのです。

それは、あくまでもお店側で決めた基準に合っているかどうかと言う事での判断になるためです。

「これは弊社の商品です」と言えるのは、そのブランドの商品を作った会社だけであって、それ以外の第三者が本物か偽物かを判断する事はできないのです。

その為、新商品やほとんど出回らないような貴重な商品などは、「社内基準の整備が追いついていない」、つまり、その商品が本物であっても、本物かどうかの基準が出来ていないため、買い取りができないと言う事になってしまうのです。

Written by 古着卸.net