古着屋さんではお客様からの買い取りが仕入れのメインとなりますが、人気アイテムなどを集めるために、高価買い取りをすると良い、というのをすでにお伝えしました。

しかし、最近ではヤフーオークションなどを利用して自分で出品して売った方がお金になると考える方も多く、大手リサイクルショップなども、売れやすい品物などを買い取りで集めるのに苦労をしているようです。

そのように聞くと、大手の会社でも苦戦しているというのに、自分が行おうとしている小規模なお店で高価買い取りをする意味はあるのだろうか、と疑問に思われるのではないでしょうか。

実際に金額としてはオークションの方が高く売れる可能性は高いでしょう。

しかし、ヤフーオークションなどで出品し、売るのは意外と手間がかかるのです。

すでに利用経験のある方でしたらご存知だと思いますが、インターネットで個人出品する為には、まず品物をデジカメなどで撮影し、その写真データをインターネット上に載せたり、品物のサイズを測ったり、売れやすいようにセールスレターを考えて書いたりと、一連の作業が必要になります。

セールスレターとは販売するための手紙の事で、どのような商品なのかを伝える為に、お手紙風の文章で売るのがセールスレターと呼ばれるものになります。

しかし、これらの手間をかけせっかく出品したアイテムでも、いつまでたっても売れないということがあるのです。

それに対して、リサイクルショップや古着屋さんに売るとどんな利点があるのかを伝えれば、売っていただけるのではないでしょうか。

Written by 古着卸.net