古着屋さんの新規オープンをする場合、見せ商材として新品の商品を店内に陳列しておくと良いのですが、新品商品はどこから仕入れれば良いのかと思われるのではないでしょうか。

たとえば問屋へ直接出向いて仕入れるという方法があります。

中にはインターネットなどで売りを行っている所もありますので、そのようなところを検討してみるのも良いと思います。

新品の商品はすでにお伝えしたような大きな効果と、売り場の鮮度を保つ効果があり、効果的に新品洋服と古着を一緒に並べる事で、お店の全体的な雰囲気も清潔感のある、クリーンなイメージになります。

さらに、新品商品と古着を一緒に購入していただく事で、客単価の底上げにも繋がります。

「客単価」というのは、お客様一人当たりの買い上げ総額の事を言います。

店舗の売り上げ総額を、買い上げ実人数で割ると、平均的な客単価が計算できます。

そして、この手法というのは、実際に大手リサイクルショップでも取り入れられているため、新品商品を仕入れる際には、利益という事よりも、それ以外に大きな効果を及ぼすという事を念頭においておくと良いと思います。

この時注意したい事は、新品の商品ばかりを仕入れないようにする事です。

原価率が上昇し、利益が少なくなってしまうだけでなく、古着屋さん独特の良さもうしなってしまう恐れもあるためです。

あくまでもメインは古着ですので、上手く新品商品を仕入れ、バランスをとるようにしましょう。

Written by 古着卸.net