古着屋さんなどのお店を出すまでの、開業資金に関することや、仕入れの事、事業計画書などさまざまな情報をお伝えしてきましたが、テナントが具体的になってきましたら、今度は営業許可に注目してみましょう。

お店を出す際には、その業種に応じた営業許可が存在しています。

たとえば、飲食店を営む人ですと「食品営業許可」、不動産取引業を営む人は「宅地建物取引業許可」というものが必要です。

では、古着屋さんに営業許可が必要なのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、リサイクル品を扱うお店の場合には、「古物商許可(こぶつしょうきょか)」という物が必要になります。

「古物」というのは、基本的には中古品のことです。

1度使用された物品だけではなく、新品であっても、使用のため1度取引された物品、またこれらのものにいくぶんの手入れをした物品全てを古物と言います。

古物営業法施行規則によって、衣類や、時計・宝飾品などだけではなく、自動車や機械工具類などを含めて13品目に分類されています。

そして、「古物商」というのは、古物の売買や交換をする営業には、盗品などの混入の恐れがあるために、古物営業法によって都道府県の公安委員会の許可を得なければ営む事ができません。

この古物営業を営むために公安委員会より許可を受けたものを「古物商」というのです。

したがって、古物商許可は公安委員会に申請する事になりますが、その手続きは管轄警察署で行う事になります。

ただし、「資格」ではないため、資格を得るための試験が有るわけではありませんので、特別な試験勉強などは必要ありません。

その申請にはどのような書類が必要になるのかは、次でご案内します。

Written by 古着卸.net