古着屋さんを始めるとき、お客様からお持ち込みいただいた商品が仕入れのメインとなり、それを売る事になりますが、実際にお店を新規オープンする場合に、商品が何もなく、店内には什器類しかない、というような状態では、とても新規オープンとはいえません。

そこで、オープンする前にまずは「先行買い取り」というものを行います。

先行買い取りと言うのはどのようなものなのかというと、もしもオープンが6月にお店を新規オープンしようとする場合に、その半月から1ヶ月前くらいから買い取りを始めて商品を集めるという事です。

事前に先行買い取りのチラシを配っておいたり、先行買い取り用のA型の立て看板を店先に出しておくと効果的になります。

この時、注意したいポイントとしては、もしも近隣に買い取りを行っている古着屋さんやリサイクルショップなどがない場合には、お客様はあなたのお店がどのようなものを買い取ってくれるのかが分かりません。

その為、たとえ古着屋バッグ・アクセサリーなどと買い取りが出来るものを限定していたとしても、始めの頃は、お客様はいろいろな状態の品物を持ち込んでこられる事でしょう。

特に6月頃ですと、もう着なくなった春物や場合によっては冬物の洋服などを持ってこられる方も多いと思います。

その為、あなたのお店がどのような品物を扱っていて、どのような品物なら高く買い取りをしてくれるのか、という事をお客様に知っていただく事が非常に大切になります。

そのお勧めの方法は、次からお伝えさせていただきたいと思います。

Written by 古着卸.net