古着屋さんを始めようと思った場合、国内で一般のお客様より買い取りを行う方法があります。

古着や服飾雑貨に力を入れてきている大手リサイクルショップに敵わないのでしょうか。

実は、経営の基本さえしっかりとしておけば、100坪以上あるような大手リサイクルショップと利益率が変わらないといえるのです。

大手であるほど、販売管理費は多額にかかるのに、つぶれない理由、それは資金力があるだけではなく、リサイクル形式の古着が、圧倒的に利益率が高いためです。

この利益率を保つために、リサイクル企業独自の経営方法を行う必要があるのです。

基本ともいえる経営の仕方をしなければ、せっかくの利益率も高く保つことが不可能になってしまいますし、いい加減なやり方をしてしまっていると利益すら出ないのです。

開業資金が少ないという方であっても、その資金が小さくても、諦める必要は無いという事です。

経営方法を活かすことができ、しっかりと知識を身に付けることで、利益の出るショップを開業することが可能です。

また、最近では店頭での買い取りのほかに、宅配買い取りを行っている会社もあります。

宅配買い取りというのは、お客様から売りたい商品をゆうパックや宅配便等で送ってもらい、届いた商品を査定した後お客様に見積もり価格の提示をして、商談成立した場合お客様の口座に振り込むという方法です。

店頭ですと近くの人にしか利用してもらえませんが、宅配買い取りを利用することで、日本に住んでいる方に利用してもらうことが出来るため、さらに仕入れ商品を増やすことも出来ます。

Written by 古着卸.net