古着屋さんだけではありませんが、上手く仕入れることもポイントですが、実店舗を持つ場合にはその店舗の場所もポイントとなります。

すでにお伝えしたように、集客数は売り上げに繋がるため、慎重に検討する必要はあります。

しかし、好条件の立地場所というのは、それだけ敷金・家賃が高い場合がほとんどですので、予算と相談しながら検討する必要があります。

ネットや不動産屋さんを訪ねて、いろいろなテナント物件を実際に見て検討するのも良いですし、自分の足を使いとにかく歩き回って、人の往来する頻度や年齢層などを調査し、事業計画にあった物件を探すのが、最も良いのです。

お店の規模も考える必要がありますが、まずは、街中を歩いていてよさそうな空き物件を見つけた場合には、「テナント募集」と書かれた不動産屋さんのプレートに電話番号が書かれていますので、出来るだけ早めに連絡し、物件の中を見せてもらうようにしましょう。

なぜなら、自分が良いと思った物件というのは、大体の場合ほかの方も良いと思う事が多いため、ちょっと迷っている間に他の人に契約されてしまった、ということもありえます。

後悔してからでは遅いですので、出来るだけ速やかに物件チェックしていくことが重要です。

物件チェックをする際には、お店の規模も考えながら探すと良いでしょう。

出展する際のテナントの規模は人それぞれですが、「家賃が安いこと」だけを考えてはいけません。

家賃が安いという事は、物件の規模も小さい場合がほとんどであるためです。

その詳しい説明は、別項目にてさせて頂きたいと思います。

Written by 古着卸.net