古着などの商品を、仕入れたり売ったりする場合に必要な、古物商許可証をが手に入ったら、税務署での手続きを行います。

個人事業主は、収入や費用を自分で申告する確定申告を芯ければなりません。

確定申告というのを、毎年2月から3月ごろに良く見聞きする言葉だと思いますが、税金に関する申請手続きのことを言い、1月から12月までの期間で、どれだけの収入などがあったのかを明確に数字で割り出し、その書面を提出する必要があります。

確定申告の意味を正確に言うと、「個人がその年の1月1日から12月31日までを課税期間とし、その期間内の収入・支出、医療費や家屋の新築・増改築・売買、盗難や火災、寄付、扶養家族状況などから、所得を計算した申告書を税務署へ提出して、納付するべき所得税額を確定する事」になります。

したがって、事業をしている方は、収入だけではなく、支出も計算し、年間でどれだけの利益があったのか、どれだけのお金が残ったのかを申告する事になります。

この申告には2通りあり、「白色申告」と「青色申告」と呼ばれるものがあります。このどちらにも、38万円の基礎控除があります。

この基礎控除というのは、納税者(申告者)全てに一律の金額(38万円)を所得金額から差し引く事が出来る「所得控除」のことを言います。

この基礎控除に加え、青色申告のほうには最大65万円の「青色申告特別控除」というものがあります。

この控除額は大きいため、開業届けをする際には、青色申告の申請も同時にしておく事がお勧めです。

これは事前に「年度末に青色申告で確定申告をします」という申請をしておかないと、確定申告の際に白色申告でしか出来ない場合があるため、あらかじめ税務署の方に確認をしておくといいと思います。

Written by 古着卸.net