古着屋さんの商売を始めようとした場合、その古着の仕入れ先などの検討も必要ですが、取り扱う商品に合ったお店の雰囲気作りもとても大切です。

すでに内装や外装を綺麗にする場合のことをお伝えしましたが、自分自身で掃除や補修などを行うなどの方法で費用を抑えることも可能ですので、必ずしも内装や外装に多くのお金をかける必要はありません。

しかし、手作りでお店の内装や外装を作る自信が無い方や、取り扱う商品が高級ブランド等のブランド品等、ある程度高級感のある雰囲気を出したいという場合には、床や壁を内装業者さんにお願いするというのも良い方法だと思います。

なぜなら、プロの業者さんにお願いすることで、仕上がりも綺麗で、なおかつ長く使用していても劣化しにくいということが、非常に大きなメリットとなります。

ただし、その内装の状態など人によって発生する金額はかなり変わってきますので、おおよその費用の目安となりますが、内装・外装・看板費用で80万ほどで、ひとまず金額を設定してみます。

ここまで、それぞれのポイントでおおよその金額をお伝えしてきましたが、それら全てをまとめてみますと、店舗取得費で105万円、什器取得費で50万円、内装・外装・看板費用で80万円、レジスターなどの備品代金として10万円、仕入れ商品代金で90万円、合計しますと、335万円となります。

この金額が開業時にかかる必要経費となります。

これ以外にも運転資金というのが必要になります。それは別項目でお伝えしたいと思います。

Written by 古着卸.net