すでにお話しましたが、古着屋さんを始めるにしても、どこから仕入れるにしても、商売を始める上で、出来るだけ借金はやめたほうが良いということは、すでにお伝えしました。

借りるのは簡単ですが、返すのはやはり大変なものです。

借りる前に、自分は体面にこだわっていないか、十分に汗をかいたのか、必死に考え抜いたのか、今一度考えてみてください。

必ずしもお店がなければ始められない、と言うものでもありません。

それでもやはりお店を持ちたいと思い、その資金が足りない場合、どこから借りることが出来るのでしょうか。

2008年10月1日まで、「国民生活金融公庫」という、政策金融機関の特殊法人が存在していました。通称「国金(こっきん)」と呼ばれていた金融機関の事です。

政府が資本金を出資し、国金が一般企業などへの貸付業務を低年利で行っていました。

現在、国民生活金融公庫は解散し、株式会社日本政策金融公庫に業務が移管されています。

したがって、開業資金の全額を何年のかけて貯める事無く、このような融資を受ける事で起業を始める時期を早めることも可能になります。

その融資は、個人企業や小企業向けの融資も行っているため、起業をしたいと思っている方は検討をしてみるのも良いと思います。

公庫から融資を受けるのは、とても大変なのではないかと思われる方も多いのではないでしょうか。

公庫から融資を受けるためには、一般銀行などと同様に、審査があり、それに通らなければお金を貸してもらえません。

その記載のポイントなどを別項目にてご案内させていただきます。

Written by 古着卸.net