古着屋さんを始めたいと思った方にとって、仕入れ先なども気になると思いますが、まずは開業の仕方も知っておかなければいけません。

まず最も大切なのは開業資金です。自己資金で足りない場合には、金融機関より借り入れを行い開業資金に充てます。

しかし、出来るだけ公的資金を借りずに商売を始めるようにしましょう。

というのも、返済が必要なお金であって、借りるのは簡単ですが、後で苦労する事になります。

まずは小さく、リスクを極力抑えて上手く商売を始めてみましょう。

そう考えると、多くの資金は必要ないため、借金をする必要はなくなります。

人は独立しようとするとき、ある程度の期間サラリーマンをやってからの人が多いと思います。

サラリーマンをやっていて自分のやりたいことはこれじゃない、と思う方もいらっしゃるでしょう。

実は、一部上場企業などに勤めていたなど、前職が華やかであった人ほど、他の人の「目に見えるもの」、立派なお店や豪華なオフィスを欲しがるようです。

しかし、それが本当に必要か良く考えてみましょう。

古着を売るのに、必ずしもお店が必要ということはありません。

店を持っていなくても、今はネットショップのみで販売するという方法もありますし、その場合はお店は必要なく、自宅で出来るのです。

そしてパソコンが一台あれば十分なわけです。

店を作ると、その分場所を借りたりする賃貸料なども必要ですし、在庫もなければならず、そこに誰かが居なければならなくなります。

店を持つということはそれだけリスクが伴うことを忘れてはいけません。

もし絶対に失敗できないというのなら、店舗を持つのはやめたほうが良いでしょう。

Written by 古着卸.net