古着屋さんを始めるにあたって、仕入れ先やそれに掛かってくるお金なども気になると思いますが、それらを含めた全ての開業資金の目安をすでにお伝えしてきました。

これは開業時にかかる必要経費となりますが、これ以外にも運転資金というものが必要になります。

運転資金というのは、経営に当たって必要な資金のことを言います。この運転資金がなければ、せっかくお店を開業したにもかかわらず、毎月の支払いが滞ってしまい、あっという間に閉店、廃業をしなくてはならない事態になってしまいます。

したがって、運転資金には余裕を持たせた方が良いと思います。

この時、今考えている方法で試してみて、ある程度の利益が出ない場合には、すぐにほかの事を考えることをお勧めします。

1年先には儲かるかなといった物ですと、リスクが高くなってしまいます。

もし、一年間の生活費を準備した上でスタートをした場合に、それを使い尽くしてやっぱり駄目でした、というわけにはいきません。

たとえば、商品の展示方法を変えてみるのも一つの方法です。

そのほかにも、商品の仕入れ先がまったくあてがない場合でも、インターネット上で仕入れられるサイトなどもありますので、直接会社に電話をして、仕入れの取引を掛け合うという方法で、直接メーカーから仕入れるという方法を取り入れるなど、仕入れの方法を少し変更してみるという方法もあります。

何度も試して、この方法ならきちんと儲かるという方法を探し当ててみましょう。

Written by 古着卸.net